肺炎球菌ワクチン接種

定期接種について

  • 対象者:今までに肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方
  • 対象年齢:65歳 70歳 75歳 80歳 85歳 90歳 95歳 100歳
  • 定期接種の費用:3000円(鎌倉市 平成27年現在)
    詳しくはこちら(https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/skenkou/yobousessyu-koureisha-haien.html
    ご不明な点はお問い合わせ下さい(0467-44-1117)

肺炎球菌とは?

喉や鼻に入る細菌です。肺炎や中耳炎を引き起こします。
肺炎は日本人の死亡率第4位に位置付けられ、特に75歳以上で肺炎による死亡率は男女ともに急激な増加がみられています。

予防接種の効果は?

肺炎球菌には約90種類の型があり、予防接種を行うと病気を引き起こしやすい23種類の型に対して免疫をつけることが可能です。
1回の接種で約5年以上抗体が続き、肺炎球菌による感染症の80%を防ぐことができるとされています。

副作用はどのようなものがありますか?

接種した方の5%以上に局所の疼痛・発赤・腫脹・熱感が認められます。症状は軽度で通常2~3日程度で消失します。
重大な副作用として、アナフィラキシー様反応(全身性のアレルギー反応)・血小板減少・ギランバレー症候群があります。
ただし、肺炎球菌ワクチンは国内において20年以上の使用実績がありますが、局所反応の頻度は高く報告されているものの、安全性については大きな問題は認められておりません。

接種できない方

  • 37.5℃以上の発熱がある方
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな場合
  • 肺炎球菌予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシーを起こしたことがある場合
  • 5年以内に肺炎球菌ワクチンを接種したことがある方
  • そのほか医師が不適当な状態と判断した場合
ご負担額 9,000円(税別)

診療科目一覧に戻る

Top