診療科目

前立腺肥大症

尿道をとりまくように存在する前立腺が歳とともに大きくなり、尿の通り道を圧迫することで発症します。

続きを読む

過活動膀胱

「トイレが近い」ことを「歳のせい」とあきらめていませんか?でもそれは病気かもしれません。

続きを読む

前立腺がん

前立腺がんは健診による早期発見が可能であり、それによって適切な治療が可能です。

続きを読む

腎がん

近年無症状で健診や人間ドックあるいは他疾患の検査時に偶然発見される症状のない腎がん(偶発腎がん)が増加しています。

続きを読む

ED治療

EDとは、(少なくとも3カ月以上)満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態のことです。

続きを読む

LOH治療

加齢に伴う血中男性ホルモンの低下に基づく生化学的な症候群の存在が知られるようになりLOH症候群と呼ばれ注目されています。

続きを読む

包茎

手術が必要であるのは真性包茎ですが、感染を繰り返す仮性包茎の患者さんにも手術をお勧めすることがございます。

続きを読む

停留精巣

金玉(精巣)が正常の下降経路の途中で停留して袋の底(陰嚢底)に下降していない状態。

続きを読む

精巣捻転症

袋(陰嚢)の中の金玉(精巣)、もしくは精巣を覆っている袋ごと回ってしまい(捻転)、精巣への血流が遮断されてしまう病気です。

続きを読む

おねしょ(夜尿症)

夜間睡眠中に無意識に排尿をしてしまう尿漏れの状態を夜尿といいます。全ての赤ちゃんには夜尿がありますが、成長とともに徐々に消失します。5歳以降も持続する夜尿を病的と考え夜尿症といいます。 頻度は? 6歳で約10%、10歳で […]

続きを読む

内科案内

体調が悪い、風邪気味などの症状がある場合の最初の窓口が内科になります。気になる症状があるときはお気軽に相談ください。

続きを読む

泌尿器科治療の相談

セカンドオピニオンとは主治医を変更することではありません。主治医と良好な関係を保ちながら複数の医師の意見を聞くことです。

続きを読む
Top